FC2ブログ
他山の石 町で集めた建築失敗事例集
住まい作り、住宅建築、リフォームなど、参考になれば幸いです。
トイレのコンセント
20090415 2008013

公共施設のトイレの写真です。
リフォーム後と見受けられ、汽車便と呼ばれている和式トイレを、洋式トイレに変更した後のようです。
また、最近は公共施設のトイレといえども温水洗浄機能付きは珍しいことではなく、このトイレも温水洗浄機能付きとされていました。

洋式トイレの場合、温水洗浄機能付きでなくとも暖房機能がついていれば、電源が必要になってきます。
よって、洋式トイレであればトイレ内に電源が設けられている例がほとんどなのですが、和式トイレでは便器周りに電源が必要ということはまずありません。
ということは、今まで和式であったこのトイレには電源がきていなかった可能性大ということです。

ここで写真です。
便器横に設けられているのは温水洗浄便座用の電源です。
この電源は、トイレの隣の部屋にきていた電源から、このトイレに引き出されてきたものです。
隣の部屋のうまい位置に電源がきていたため、電気工事としては必要最低限の工事で済んだはずです。

ただ、露出コンセントと温水洗浄便座への配線はいただけません。
ただでさえ邪魔な露出コンセントが手前側にきてしまっているため、目障りなだけでなく足を引っ掛けてしまいそうになります。
このような場合は配線の手間を惜しまずに、露出コンセントをトイレの奥の邪魔にならないところに持っていくべきです。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

ガラス交換
20090907 006

先日の記事の続きです。
なんらかの原因でガラスを交換しなければならない場合は、どうすれば安くガラス交換ができるかということです。

まず、いきなりガラス屋さんやサッシ屋さんなどを呼んでガラス交換を依頼するのは、出張費が加算されるため思ったよりも高くつくということです。
ガラス交換を依頼するには、サッシごとガラス屋さんやサッシ屋さんに持ち込んでしまえば、出張費の分だけ安く上がるということです。

その際、気をつけたほうがいいことは、事前に連絡してガラスの種類、サイズを伝えておくことです。
ガラスの種類というのは、透明ガラスなのかくもりガラスなのか、ワイヤー入りなのかワイヤー入りでないのか、ワイヤー入りならば斜めに入っているのか縦横に入っているのかなどです。
ガラスのサイズは、ガラスの実寸法ではなく、ガラスがはめ込まれているアルミ部分の内法(うちのり)寸法です。
そして、いつ持って行けばその場でガラス交換をしてくれるのかを、尋ねてしまってください。
もちろんお値段のほうもです。
いきなり持ち込んでしまうと、そのガラスは在庫がないなどということがありえます。
無駄足を踏まないためにも、事前連絡が必要ということです。

写真は内倒し窓です。
この窓の場合は、黄色く囲った部品を外すとサッシを外すことができます。
ただ、大きくて重たいサッシや、はめ殺し窓などの取り外しができないサッシでは、ガラス屋さんやサッシ屋さんなどに出張してもらうしかありません。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ