他山の石 町で集めた建築失敗事例集
住まい作り、住宅建築、リフォームなど、参考になれば幸いです。
フローリングとドア
20091001 002

廊下居室間に設けられたドアの下部です。
廊下居室ともにフローリング仕上であり、床の仕上がり高さは同じということで、ドアの下部には敷居は設けられていませんでした。

ここで問題なのはフローリングの継手の位置です。
ここではフローリングを廊下と居室の境目の中心線で、継いでしまっていました。
中心線で継いでしまいたい気持ちもわからないでもないのですが、中心線で継いでしまうとまずいことが起きてしまいます。
それは、一般にドアというものは、部屋間の中心線にきていないということです。

写真に引いた白線が、ドアが閉じたときの位置です。
この位置だとフローリングの継手とずれてしまい、ドアを閉じたときに見っともないことになってしまいます。

今回は廊下居室ともに同じフローリングなので大きく目立ってはいませんが、廊下と居室のフローリングが違っていた場合は、かなり見っともなくなっていたことと思います。
部屋の境でフローリングを継ぐ場合、継手を部屋間の中心線ではなく、ドアの位置に合わせるべきでしょう。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ

階段の窓の高さ
20091001 006

こちらは、Uターン階段の突き当たり部分に設けられていた窓です。
手すりの高さと比べてみると、窓の位置がかなり低いことがわかると思います。
窓の下端で、床から50cm程度でしょうか。

まず、これだけ低い位置だと転落の危険性があります。
手すりや面格子などの転落防止策を、施さなければならないでしょう。
子供がいるお宅では、今すぐにでも対処すべきです。

さらに、窓からの転落だけでなく、階段を転げ落ちたときのことがあります。
階段を転げ落ちた先にガラス窓があると、ガラス窓に突っ込んでしまうことになります。
これもかなり危険なことになります。
どうせなら、転げ落ちた先は石膏ボードの壁がいいでしょう。

以上、なぜにこのような低い位置に窓がきているのかは不明です。
ただ、このままでは危険なことはたしかなので、住まわれているかたにその旨は伝えておきました。


テーマ:住宅・不動産 - ジャンル:ライフ